一般歯科・小児歯科

一般歯科

できるだけ削らない・抜かない治療

歯を削ったり抜いたりしたら元には戻りません。そして、被せ物や詰め物をしても、やはり自分の歯に勝るものはありません。そのため、当院では削る時は必要最低限の範囲のみ削り、安易に歯を抜かずに最後までできる限りの治療を行うようにしています。このように、できるだけ治療による歯の侵襲を少なくする考え方を「ミニマルインターベンション(MI)」と言います。

虫歯の再発を防ぐための精密な詰め物

虫歯を治療したところは、どうしても歯と詰め物の隙間ができ、虫歯が再発しやすくなってしまいます。当院では、このような再発を防ぐために、従来の詰め物ではなくできるだけ歯科用のプラスチック(レジン)をきれいに流し込んで固める方法を採用するようにしています。金属製の詰め物はセメントを使って歯に固定させますが、このセメントは少しずつ溶け出していくためやがて隙間ができてしまいます。しかし、レジンなら直接歯に接着するため、このような心配はありません。

痛みの少ない治療

麻酔を打つ前には、必ず表面麻酔を歯茎に塗って麻痺させます。また、麻酔に使用する針や歯を削るドリルはかなり細いものを使っているため、さらに痛みを軽減することができます。痛みを恐れて虫歯を放置していると、どんどん悪化して痛みはさらに大きくなっていってしまいます。少しでも異変を感じたら、すぐに治療を受けるようにしましょう。もちろん、日頃から定期検診を欠かさないようにし、初期段階で虫歯を見つけて対処できるようにしておくことが最も重要です。

小児歯科

お子さんも安心して通える歯医者さん

当院では、お子さんが歯医者さん嫌いにならないよう、少しずつトレーニングしながら慣れていってもらうようにしています。まずは椅子に座る、そしてお口を開ける、ミラーでお口の中を見る、バキュームで唾液を吸う・・・といった全く痛みのないことから始めていくため、ほとんどのお子さんが怖がらずに通えるようになっていきます。

お子さんの歯の予防

乳歯は永久歯よりも小さいため、虫歯が進行していくとすぐに神経に達してしまいます。また、虫歯が悪化すると、その下にある永久歯にも感染したり将来歯並びが悪くなったりすることがあります。当院では、歯磨き指導はもちろん、院内で歯を強くするフッ素の塗布や、虫歯を防ぐために事前に奥歯の溝を埋めておくシーラントも行っています。なるべく虫歯がない状態で永久歯に生え替わるようにするためにも、まずは検診を欠かさないようにしましょう。なお、千葉市住民の方は、当院で医療券をお使い頂けます。

三田歯科医院 043-284-8484
定期検診(ブラシ指導) 歯を失ってしまった方へ 歯を長持ちさせたい方へ 歯科豆知識 スタッフブログ 歯科医院の口コミサイト