歯周病・予防歯科

歯周病

気付かないまま進行し、骨を溶かす歯周病

歯周病は細菌によって顎の骨が溶かされてしまう病気で、一度に複数の歯を失ってしまうことも珍しくありません。そして、一旦溶けた骨は戻ってこない恐ろしい病気なのですが、初期段階では痛みなどの自覚症状がないため、ほとんどの方は自分が歯周病になっていることに気付いていません。下記の症状が一つでも出ている方は、既にかなり歯周病が進行している可能性がありますので、すぐに検査・治療を受けるようにしましょう。

歯周病チェックリスト
  • 口臭が気になる
  • 歯磨きをすると出血する
  • 歯茎が腫れることがある
  • 歯茎が下がってきて、歯と歯の隙間が広がった
  • 歯がグラグラする
  • 朝起きた時、口の中がネバネバする
  • 硬い食べ物が噛めない

当院の歯周病治療

歯周病治療は、とにかくお口の中をお掃除して、衛生的な環境を作っていくことが大切です。当院では、通常のクリーニングによる歯石除去はもちろん、かなり歯周病が進行している場合は、麻酔を使って歯周ポケットをお掃除したり、場合によっては歯茎を切開して歯の根の表面にある歯石を除去したりすることもあります。こういった治療を受けないで済むよう、日頃から定期検診とクリーニングを欠かさないようにし、万が一歯周病になっても初期段階で抑えられるようにしましょう。

妊婦さんの歯周病ケア

女性の方は、妊娠するとホルモンバランスが変わるため、歯周病なりやすい傾向にあります。安定期であればクリーニングをすることはできますので、出産前にしっかりとお口の中をきれいにしておきましょう。また、妊娠中は親知らずの痛みで悩まれる方も多いため、できれば妊娠する前に歯の検査を済ませ、必要に応じてケアを始めるようにすることをお勧めします。なお、当院では妊産婦検診にも対応しています。

予防歯科

早期発見・早期治療の重要性

永久歯は一度抜けたら戻ってきません。少しでも自分の歯を長く残すためには、こまめに検診を受け、日頃からしっかりとお手入れをすることが最も重要です。そして、万が一、虫歯や歯周病が見つかった時は、すぐに治療をして最小限の侵襲に留めることができるようにしておきましょう。

歯磨きを見直しませんか

歯磨きは、しっかりと磨いているつもりでも、実はあまり磨けていないことが珍しくありません。また、歯磨き粉を使用すると爽快感があるため、お口の中がなんとなくさっぱりして磨けた気になってしまうものです。毎日のお手入れを改善するだけで、虫歯や歯周病のリスクはグンと下げられます。正しい歯磨きを身に付けたい方は、お気軽に当院へご相談ください。

定期検診・クリーニングでもっと歯を健康に

ご自宅での歯磨きはとても重要ですが、それでも歯石などは歯科医院で専用の機械を使わないとなかなか取れません。また、虫歯や歯周病は、初期の段階で自覚することはとても難しいため、定期的に検診を受けておく必要があります。特に歯に汚れが付きやすい方などを除けば、大人の方は半年に一度で構いませんので、歯の予防として定期検診・クリーニングを欠かさずに受けるようにしましょう。

三田歯科医院 043-284-8484
定期検診(ブラシ指導) 歯を失ってしまった方へ 歯を長持ちさせたい方へ 歯科豆知識 スタッフブログ 歯科医院の口コミサイト